12月のお休み:3,10,17,31

2018.12.13

動画:クリスマスディナーの食材

食材:京都府舞鶴産紋甲いか&愛知県産トレヴィス

ワイン:フランス北部のの白ワイン

Moselle Maddalena 2014 Chateau De Vaux

フランス南部ナンシーの近く、ドイツとの国境となるモーゼル川を望むブドウ畑から生み出されるそのワインには、近年注目が集まっている。ミュラー・トゥルガワはドイツでは高い人気を誇るものの比較的ニュートラルで穏やかな性格。しかしこのワインはパフュームのような官能的なアロマと、厚みのある果実味、そしてほのかな甘さを伴ったリッチな味わいが魅力的なフランスでも稀有なワイン。

2018-2019 ワインを楽しむおせち

一の重 加藤のオードブル+二の重 小林のデザート

12,960円(税込み) 3~4名様分 限定30セット

12月30日(日)にお店で御受渡しいたします。

06-6852-7628

2018-2019 ワインを楽しむおせち

一の重 加藤のオードブル+二の重 小林のデザート

12,960円(税込み) 3~4名様分 限定30セット

12月30日(日)にお店で御受渡しいたします。

06-6852-7628

2018.12.6

動画:クリスマスディナー22-24は2部制。ソムリエ誕生!

食材:北海道産天然帆立貝&北海道産雪化粧かぼちゃ

ワイン:ボルドーの赤ワイン

Duc Des Nauves 2016 Chateau Le Puy

ワインに含まれる圧倒的な果実味と酸のバランスが非常によく、そこにシャトー・ル・ピュイの特徴である繊細でビロードのような赤系果実のアロマとキメの細かいタンニンが一杯に広がっていく。抜栓後すぐに楽しめる味わい。

2018.11.29

動画:クリスマスディナー21日(金)より

食材:山口県産ボラの魚卵&ご近所産ハーブ盛り合わせ

ワイン:ボルドーの赤ワイン

Vouvray Demi-Sec 2011 Domaine Brunet

父ジョルジュの後を継いだ息子、9代目のニコラは非常に柔軟な考え方の持ち主ですが、ワインに対する本質的な考え方は伝統を重んじる父と全く同じです。「ヴーヴレは決して早飲みのワインではない。熟成してからの方がおいしいんだ。50年、100年は平気で持ちこたえるヴーヴレをつくれるのはやはりシュナンブランの強さテロワールの良さ、伝統的製法があってこそ」と熱く語ります。

2018.11.22

動画:クリスマスディナーとおせちのお知らせ

食材:鹿児島県産車海老&京都産紅芯大根

ワイン:フランス南西地方カオールの赤ワイン

Cahors 2014 Chateau Lamartine

ブラックチェリー、プラム、プルーンの果実の魅惑的で心地よいアロマが何層にも重なり、それをやわらかいオーク、魅惑的な植物のアロマが支えている。厚みがあり、たっぷりとした?当たり。皮の黒いたっぷりとした果実、優しいフローラルなフレイバーの中にかすかに植物っぽさが感じられる。美しくこなれた甘いオークの要素、そしてやわらかくしなやかなタンニンが感じられる。